Timee

「『はたらく』を通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる」ことをミッションに掲げ、「…

Timee

「『はたらく』を通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる」ことをミッションに掲げ、「はたらく」にまつわる社会課題を解決していきます。プロダクト開発組織は持続可能性を探究し、インフラとなるべくチャレンジを続けていきます。 https://corp.timee.co.jp/

マガジン

  • Dev Enableの活動

    • 26本

    Dev Enableのメンバーが日々の取り組みを綴ったnoteをまとめたマガジンです

  • エンジニア進化論

    タイミーのプロダクト開発組織に誕生した「DevEnable室」が向き合う開発組織やメンバーに関する課題とそのための施策をご紹介します。 ※エンジニア以外の開発組織メンバーも制度の対象です。

  • メンバー紹介

    タイミーで働くメンバーが、どんなことを考えて仕事やサービスに向き合っているかについてお伝えするマガジンです

  • デザイン

    • 6本

    タイミーのデザイナーによるnoteをまとめたマガジンです。

  • カルチャー紹介

    開発組織のカルチャーを紹介するマガジンです

リンク

Dev Enableの活動

Dev Enableのメンバーが日々の取り組みを綴ったnoteをまとめたマガジンです

くわしく見る
  • 26本

タイミー、エンジニアが選ぶ「開発者体験が良いイメージのある企業」に初選出されました!

スキマバイトサービス「タイミー」を提供する株式会社タイミー(所在地:東京都港区、代表取締役:小川 嶺)は、一般社団法人日本CTO協会(本社:東京都渋谷区/代表理事:松岡剛志、以下「日本CTO協会」)が実施した、エンジニアが選ぶ「開発者体験が良いイメージのある企業ランキング」TOP30を発表・表彰する「Developer eXperience AWARD 2024」にて初選出、23位にランクインいたしました。 開発者体験とは?「開発者体験」とはエンジニアとしての生産性を高める

スキ
25

タイミーはPlatform Engineering Kaigiにプラチナスポンサーとして協賛します

タイミーはPlatform Engineering Kaigiにプラチナスポンサーとして協賛します。 イベント概要日時: 2024年7月9日(火)10:00-18:00 会場:docomo R&D OPENLAB ODAIBA + オンライン配信 タイミーとPlatform EngineeringタイミーではTeam Topologiesの考え方を組織に導入しており、所謂Stream Aligned Teamが顧客価値を届け続けられる様に開発と運用を基盤として支援するPl

スキ
3

タイミーはTSKaigiにゴールドスポンサーとして協賛します

こんにちは、タイミーDevRelの河又です。 タイミーはTSKaigiにゴールドスポンサーとして協賛します! TSKaigi概要日時 カンファレンス: 2024年5月11日(土) 場所 中野セントラルパークカンファレンス URL タイミーとTypeScriptタイミーではすべてのプロダクトがTypeScript + Next.jsに統一されており、常に最新バージョンを採用できる環境となっています。 こちらはNext.jsがテーマのイベントではありますが、このイベ

スキ
5

try! Swift Tokyo 2024にゴールドスポンサーします!

こんにちは、タイミーDevRelの河又です。 タイミーはtry! Swift Tokyo 2024にゴールドスポンサーとして協賛します! try! Swift Tokyo 2024概要日時 カンファレンス: 2024年3月22日(金) 〜 23(土) ワークショップ: 2024年3月24日(日) 場所 ベルサール渋谷ファースト 〒150-0011 東京都渋谷区東1丁目2−20 URL タイミーとiOS(Swift)開発タイミーは昨年のiOSDCにもスポンサーさせて

スキ
3

エンジニア進化論

タイミーのプロダクト開発組織に誕生した「DevEnable室」が向き合う開発組織やメンバーに関する課題とそのための施策をご紹介します。 ※エンジニア以外の開発組織メンバーも制度の対象です。

くわしく見る
  • 11本

タイミー、「エンジニア奨学金制度」開始。最大年間300万円、全額返済不要に。

タイミーは昨年11月に「開発組織のメンバー一人ひとりが能力とモチベーションを最大限発揮し続けるための環境づくり」をMissionとした「DevEnable室」を設立しました。 日々開発組織のメンバーが感じる課題に向き合い、学習機会の充実や、キャリアアップのサポートなどを通して「開発組織の進化」に伴走しています。 ※DevEnable=DevEnableはDeveloper Enablementの略称 ※本記事に記載の制度名や内容については2024年7月現在のものです 向

スキ
48

タイミー、世界中で開催されているすべての技術カンファレンスに無制限で参加できる「Kaigi Pass」を提供開始。

タイミーは2022年11月に「開発組織のメンバー一人ひとりが能力とモチベーションを最大限発揮し続けるための環境づくり」をMissionとした「DevEnable室」を設立しました。 日々開発組織のメンバーが感じる課題に向き合い、学習機会の充実や、キャリアアップのサポートなどを通して「開発組織の進化」に伴走しています。 ※DevEnable=DevEnableはDeveloper Enablementの略称 ※本記事に記載の制度名や内容については2024年7月現在のものです

スキ
50

タイミー、技術コミュニティ発展への貢献を後押しする「OSSボーナス」を開始しました。

タイミーは昨年11月に「開発組織のメンバー一人ひとりが能力とモチベーションを最大限発揮し続けるための環境づくり」をMissionとした「DevEnable室」を設立しました。 日々開発組織のメンバーが感じる課題に向き合い、学習機会の充実や、キャリアアップのサポートなどを通して「開発組織の進化」に伴走しています。 ※DevEnable=DevEnableはDeveloper Enablementの略称 ※本記事に記載の制度名や内容については2024年7月現在のものです 向き

スキ
53

タイミー、システムアーキテクトなどの難関資格の合格やISUCONなどの競技プログラミングを全力で応援する「エンジニア桜」を開始

タイミーは昨年11月に「開発組織のメンバー一人ひとりが能力とモチベーションを最大限発揮し続けるための環境づくり」をMissionとした「DevEnable室」を設立しました。 日々開発組織のメンバーが感じる課題に向き合い、学習機会の充実や、キャリアアップのサポートなどを通して「開発組織の進化」に伴走しています。 ※DevEnable=DevEnableはDeveloper Enablementの略称 ※本記事に記載の制度名や内容については2024年7月現在のものです 向

スキ
46

メンバー紹介

タイミーで働くメンバーが、どんなことを考えて仕事やサービスに向き合っているかについてお伝えするマガジンです

くわしく見る
  • 82本

チームメンバー全員で品質を向上させる。タイミーのQA EnablingTeamとは?

「一人ひとりの時間を豊かに」というビジョンのもと、事業を拡大し続けるタイミー。快適・安全なサービスをユーザーに提供するため、プロダクトの品質管理にも重きを置いています。 今回はタイミーの品質管理レベル向上の要である「QA EnablingTeam」の矢尻 真実さんにインタビュー。「QAとは何か?」「タイミーで成し遂げたいことは何か?」を詳しくお聞きしました。 ※本記事の内容は2024年7月公開時点のものです。 プロフィール神主からエンジニアへ。キャリアの中で“品質”に目

スキ
21

【VPoEインタビュー】これまでタイミーをつくってくれた人に感謝を。“ええやん”マインドで挑むエンジニア組織づくり

「『はたらく』を通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる」をミッションに掲げるタイミー。事業の成長に伴い、エンジニア組織も大きな変革期を迎えています。 今回はエンジニア組織の運営責任者であるVPoE(Vice President of Engineering)の赤澤 剛さんにインタビュー。赤澤さん自身のキャリア感に加えて「なぜ今タイミーにジョインしたのか」「理想のエンジニア組織とは」など、熱い想いをお聞きしました。 ※本記事の内容は2024年7月公開時点のものです。

スキ
38

フロントエンド開発のボトルネックを解消!世の中の仕組みを変えるタイミーで新たな挑戦へ

「一人ひとりの時間を豊かに」をビジョンに掲げるタイミー。従来とは異なる新しい「はたらく」機会の提供を通じて⼈々の可能性を広げ、「はたらく」にまつわる社会課題を解決しています。 今回は「新しい働き方、世の中の仕組みを変えていこうとしている事業に惹かれた」と話すフロントエンドエンジニアの大川 雄生さんにインタビュー。タイミーでの仕事内容や働く魅力について話を聞きました。 ※本記事の内容は2024年6月公開時点のものです。 プロフィール新しい働き方を提供し、世の中の仕組みを変

スキ
9

日本の人手不足問題を解決したい。タイミーで挑む、人を笑顔にするデザイン

「一人ひとりの時間を豊かに」をビジョンに掲げるタイミー。従来とは異なる新しい「はたらく」機会の提供を通じて⼈々の可能性を広げ、「はたらく」にまつわる社会課題を解決しています。 今回は「日本の労働人口減少の課題を解決したい」という想いを持つ岡本りのさんにインタビュー。タイミーの「デザイン」を手がけるやりがいや魅力を聞きました。 ※本記事の内容は2024年6月公開時点のものです。 プロフィール「はたらく」にまつわる社会課題を解決するタイミーの事業に共感ーー本日はよろしくお願

スキ
30

デザイン

タイミーのデザイナーによるnoteをまとめたマガジンです。

くわしく見る
  • 6本

キャラクターガイドライン策定から得た学び

先日、コミュニケーションデザイナーのオフラインイベント「Comminication Design Night Vol.3」略して「コムデナ Vol.3」に参加し、登壇させていただきましました。 今回は、登壇させてもらったLTの内容を記事にしていこうと思います! 01. キャラクターの名前自己紹介でもお伝えしたかもしれませんが、私、株式会社タイミーのコミュニケーションデザインGに所属しておりますmuroiと申します。 タイミーにはとてもかわいいマスコットキャラクターがおりま

スキ
28

【好きを広げる】フォント制作の話から考えた生成AIとの付き合い方

2023年11月16日、東京ビッグサイトで開催された『Adobe MAX Japan 2023』に参加してきました。 Adobeソフトを通じて様々なジャンルのクリエイターが一同に会するイベント。その中でも一番心を動かされたフォントに関するセッション「漫画界のスタンダードアンチックフォントを使いこなそう」についてレポートします。 1. 漫画好きなら知ってる?!アンチック体って?アンチック体をご存知でしょうか?明朝体によく似た骨格を持ちつつも、太さにあまりメリハリの無い均一な書

スキ
14

タイミーでプロダクトデザイナーとしてはたらく

カジュアル面談でタイミンぬいぐるみをプレゼント!記事が長いので先に大事なキャンペーンを。 2024年7月限定で、プロダクトデザイナーのカジュアル面談をしていただいた方にはなんと!タイミーのマスコットキャラクラター"タイミン"のぬいぐるみ(非売品)をさしあげます。名前は今年決まりました! 以下から2024年7月に面談応募していただいた、デジタルプロダクトデザイナーとして勤務経験のある方が対象です。 カジュアル面談申し込みフォーム からの面談 YOUTRUSTからの面談 キ

スキ
35

SubmitLabelの選び方に迷ったので調べてみた

タイミーでデジタルプロダクトデザイナーとして働いているtsugumiです。 今回は、iOSの標準キーボードのボタンのラベルを変更する際に調べた内容についてまとめました。 SubmitLabelについて & 調べる背景iOSの仮想キーボードにある、通常は改行になっているラベルを変更したいと思ったことはありませんか? そんな時は、SubmitLabelを変更することでこのラベルを変えることができます。 ただ自由に変更ができるわけではなく、以下の種類から選択する必要があります

スキ
4

カルチャー紹介

開発組織のカルチャーを紹介するマガジンです

くわしく見る
  • 10本

【VPoEインタビュー】これまでタイミーをつくってくれた人に感謝を。“ええやん”マインドで挑むエンジニア組織づくり

「『はたらく』を通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる」をミッションに掲げるタイミー。事業の成長に伴い、エンジニア組織も大きな変革期を迎えています。 今回はエンジニア組織の運営責任者であるVPoE(Vice President of Engineering)の赤澤 剛さんにインタビュー。赤澤さん自身のキャリア感に加えて「なぜ今タイミーにジョインしたのか」「理想のエンジニア組織とは」など、熱い想いをお聞きしました。 ※本記事の内容は2024年7月公開時点のものです。

スキ
38

【CTO×CPO対談】新しい開発組織体制で挑む「はたらく」課題を解決するプロダクトづくり

「『はたらく』を通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる」をミッションに掲げるタイミー。「はたらく」にまつわる社会課題の解決を目指しています。 プロダクト開発組織では、2023年に新たな組織体制がスタート。今回はCTOの亀田彗(@kameike)とCPOの山口徹(@ZIGOROu)による対談を実施し「新しいプロダクト開発組織の体制」と「これからのタイミー」について話してもらいました。 ※本記事の内容は2024年2月公開時点のものです。 プロフィール事業が加速する中で開

スキ
37

タイミーのデータアナリストってどんな人?働く環境は?〜数字で見るBIグループ〜

こんにちは! タイミーのデータ統括部 BIグループ所属のyuzukaと申します。 今回は、タイミーのデータアナリストについて紹介させていただきます。 この記事を通して、 タイミーのBIグループって?何してるの? タイミーのデータアナリストってどんな人たち?働く環境はどんな感じ? といったことを、ざっくりとお伝えできればと思います。 ※本記事に掲載のデータ・部署名等の情報については2023年8月時点のものです。 タイミーのBIグループって?何してるの?まずは、私たち

スキ
47

タイミーの絆をより強く。デザイナーが振り返る「TimeeSUMMIT2024 / TimeeCUP 2024」

「『はたらく』を通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる」というミッション実現に向け、事業を拡大し続けているタイミー。 組織が急拡大する中、全社員が一堂に会する場になっているのが、年に一度の全社総会イベント「TimeeSUMMIT / TimeeCUP」です。 今回は「TimeeSUMMIT2024 / TimeeCUP2024」のイベントデザインを担当したコミュニケーションデザイングループのmuroさんとumeさんに、10月に開催された全社総会を振り返ってもらいました

スキ
22